「マリオット」お得に予約 伊豆マリオット・ホテル修善寺 宿泊記

今回は、伊豆にある修善寺のマリオット系列のホテルの予約をベストレート保障を利用しつつお得に予約をどのようにすればできるのか?を記事にしていきたいと思います。

また、実際に泊まってきましたので、伊豆マリオット・ホテル修善寺 宿泊記を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

マリオット公式サイトより安い宿泊料金の探し方

マリオットの公式サイトよりもより安いホテルの宿泊料金を横断的に調べる方法としては、
国内では「トラベルコ」や「skycanner」海外では「trivago」などがあります。
だいたいがこのサイトを利用しながら、より安い料金を探すと良いですね。

特にマリオットの場合、公式サイトよりも他のサイトで予約をした場合に安くホテルに宿泊することができると思いますが、「ベストレート保証」というものがあり、利用した方が良いと思いますので、もし可能であればお得にホテルに宿泊したいと思いませんか?

例えば、あなたがマリオット系列のホテルに宿泊をしたいとします。
その理由としては、SPGアメックスを持つことでホテル会員のゴールドステータスのおもてなしを受けたいと思っていますよね。僕もそう思っていました。笑。

ラウンジアクセス、部屋のアップグレードなどの魅力を確かめたいと思いますよね。その宿泊の際の予約の仕方でより安く高級ホテルの過ごし方がもっと楽しくなると思います。

ベストレート保証をもらう申請の方法を詳しく説明したものが以下のものです。
実際に僕が行った方法をご覧ください。

「マリオット」失敗しないベストレート保証の申請の仕方

先輩方のブログでもありましたが、ベストレート保証の申請は一度で一発にいかない場合も多くあるようです。
今回の僕の場合は、一発で成功した記事となりましたが、1度や2度の断りのメールが来ても諦めず、チャレンジしてみることをお勧めします。

ところで、SPGアメックスについてなに?っていう疑問についての記事を書いております。
ご参考にしてみてください。

SPGスターウッドプリファードゲストの無料会員登録とSPGアメックスの発行後のマリオットのステータスマッチ

伊豆マリオットホテル修善寺 2017年7月28日リブランドオープン

自然に包まれる特別な一日を伊豆の森に広がるリゾートで優雅に過ごす。
豊かな自然に抱かれた、伊豆マリオットホテル修善寺は、鳥の歌声や虫の音を聞きながら自然と一体となる、ヒーリングリゾートです。ホテルには、富士山や天城の山々を望みながら湯浴みが楽しめる温泉付きの客室をはじめ、旬の食材をお届けするレストランを備え、極上のリゾートライフに華を添えます。

富士や天城連山を望む伊豆マリオットホテル修善寺。 伊豆・修善寺で、自然と四季を味わう感動があります。日本百名湯の1つ「修善寺温泉」を楽しめる温泉大浴場や、岩盤浴などもあり、テニスやゴルフを楽しむこともできます。

128室の客室は、絶景を望む露天風呂付き客室などがあり滞在スタイルに合わせて様々なタイプのものがあります。

以前は、ラフォーレクラブという会員制のもの

伊豆マリオット・ホテル修善寺の場合、以前のラフォーレクラブというものがあります。
法人の会員制のものです。

以前は、「総合リゾートホテル ラフォーレ修善寺 ホテル棟」としてやっていましたが、
2017年7月28日にリブランドオープンとなりました。

以下は、公式サイトです。
http://www.laforet.co.jp/

ここには安い料金が載っていますので、これを利用した方法でより安くできないのか?とやってみましたが、残念ながらベストレート保障の対象にはなりませんでした。

理由としては、ラフォーレクラブの会員のみのサイトですから、マリオットのベストレート補償の対象とはならないというものでした。やはり、どの人でも予約ができる状態でなければ、マリオットのベストレート補償の対象にはならないようでした。

伊豆マリオット・ホテル修善寺の料金について

この図は、2018年3月の料金です。

最低価格の青い部分の日をベストレート保障をしていくことはちょっと難しいという印象があります。この公式サイトでさえも安いのですから、ベストレート保障を狙うとなると、ちょっと難しいですね。

ただし、最低価格よりも高く設定されている日を狙うと他のサイトで安い料金を見つけることができるっていう印象が僕にはあります。

以下のものは、このホテルの設定されている1泊の料金で安い順番です。

1番安い料金 \7,500円
2番目 \8,000円
3番目 \9,500円
4番目 \9,800円

3番目、4番目くらいの値段が、多いのかもしれません。

このあたりの安い日は、ベストレート保障を狙うことがちょっと難しいのかもしれません。
他のサイトでこれよりも安い料金を探しにくいからです。

以下のものは、2018年2月21日(木)の情報です。
1ヶ月全体的に安い日にちのものを例に挙げて見ます。
通常料金と客室パッケージと2つあります。

結局、いろいろと方法をやってみたもののベストレート保障を認めれもらえず、断念。

レギュラーレート、全額前払い、返金不可、変更不可の安い料金で予約しました。

一泊 \9,000円 で予約することにしました。税金など含めると一万円くらいでした。通常料金と客室パッケージでは、若干値段が違います。
また、安くなるのは全額前払い、返金不可、変更不可の安い料金だからと思います。

ベストレート保障のやり方

検索をする項目

・チェックイン: 2018年○月○日
・チェックアウト: 2018年○月○日
・客室: 1
・1室あたりの宿泊者数: 1

宿泊する人数は、まずは1名でやりましょう。
ベストレート保障が確定してから、人数を2名などに変更できますし、料金も変わりませんので、お得になります。

・部屋タイプ :

例えば、こんな感じです。
スーペリア, ゲストルーム, 1 キング または 2 ツイン/シングルベッド

海側とか山側などの表示もチェックしておきます。
一番安い部屋で予約するのが良いですね。
だいたい、スーペリアっていうものが安い部屋になります。

・キャンセルポリシー

全額前払い、返金不可、変更不可などもチェックしましょう。基本的には、予約をしてからもキャンセルができるような部屋のプランを設定したほうが良いです。

マリオット リワード会員料金とかレギュラーレートというものを選ぶと良いです。
だいたいキャンセルを直前までとか3日前まで無料でできるなどになっています。このあたりまで同じ条件でなくてもベストレート保障には成功しましたので、あまりキャンセルができる日にちは関係がなさそうです。

注意としては、全額前払い、返金不可、変更不可と書かれているもので予約をしないほうが良いです。キャンセルができませんので。

ベストレート保証の場合、全く同じ条件でなければなりませんので、必ず確認する必要があります。

・料金について

料金合計、税金、手数料などが含まれた合計なのか?の確認をしておきましょう。
マリオットの公式サイト以外の安いサイトを見るときに、それが書かれているかどうか微妙にわからない部分もあると思います。できるだけ、探してみましょう。

以前に書いた記事です。
もし興味があれば、こちらをどうぞ。

「マリオット」失敗しないベストレート保証の申請の仕方

僕がこのホテルに泊まろうと思った理由

・温泉がある
・ラウンジがある(お酒が無料で飲める)
・周辺には、体育館でバスケット・バトミントンなどできる
・パターゴルフができる
・近くにゴルフ場がある
・マリオット系列にしては安く宿泊ができる
・プラチナチャレンジ 9滞在の実績

などなど・・・。

では、実際に行って見ましょう。
行き方としては、車と電車・バスがあります。
今回僕は車で行きましたが、電車・バスの様子もご紹介します。

アクセスの方法

電車で移動した場合です。

伊豆の修善寺駅まで来たとします。

修善寺駅からのホテルまでの行き方を見て行きましょう。
都会から来る方にとって、この駅周辺もそうですが、
ホテル周辺には何もありませんから、
この辺りのコンビニあたりで買い物をしておくことをオススメします。

・伊豆マリオットホテル修善寺 
・静岡県伊豆市大平1529 
・TEL : 0558-72-1311

ちなみに修善寺駅からホテルまで歩いてみたら、一時間かかるみたいです。
ウケる。笑

車でホテルと修善寺駅まで行きましたが、片道で20分くらいかかった印象でした。
結構離れているのです。

ホテル周辺にファミレスなども全然ありません。
ホテル以外で外で食事をしようとすると、結構離れているのです。

修善寺駅あたりに行けば、いくつかお店がありました。

車で行く場合は、無料の駐車場があります。

※カーナビゲーションで登録する場合は必ず「住所」で登録
 また同施設内ホテル名「ホテル ラフォーレ修善寺」で表示される場合があります。
 
 
 
修善寺駅からタクシーを乗った場合
 
 
ラフォーレ修善寺まで2,860円かかるみたいです。
結構料金がかかりますね。
 
 
 

無料送迎バス

・料金:無料 
・所要時間:約25分 
・修善寺駅前 10番乗り場より出発
・時刻表:1時間に1本

  

  だいたい一時間に1本くらいのバスがありました。

電車との乗り継ぎにちょうどいい時間なのかどうかは分かりません。

バス乗り場は、1〜10番乗り場がありました。
伊豆マリオットホテルに行くには、ラフォーレリゾート修善寺のバスを乗れば良いみたいです。

10番乗り場に行けば良いですね。

近くにバスの案内所がありました。
他に行きたい場所などありましたら、ホテルに行く前に寄ることができそうですね。

ちなみに、10番のりばの様子です。
ちゃんと看板があり、安心です。
さらに、時刻表を見て見ましょう。

やっぱり一時間に1本くらいです。
乗り遅れに注意ですね。
そして、18時45分のバスが最後のバスだと思っていた方が良いかもしれません。

ホテルに向かう途中に目印の看板がありました。

この看板から坂道をどんどん上がって行きます。

歩いて登ろうとしたら、結構辛いと思います。
さらに、荷物を持って移動となると、やめた方がいいですね。笑

   

かなり標高が高い場所にありました。
駐車場が結構広くありました。

ホテルに無事に到着です。

チェックインをしましょう。

フロントでのチェックイン

ホテルで1番の関心・興味があるところは、チェックインの時に部屋のアップグレードをしてもらえるのかどうか?ではないですか?

平日であったこともあって、アップグレードをしてもらえました!祝
すごく嬉しいものですね。部屋については、後ほど部屋の様子なども踏まえてご紹介します。

今回それもありましたが、リニューアルしただけもあって、綺麗で高級感のあるフロントです。

高級感のある受付です。
団体の方も集中してチェックインする場合もありましたが、
これだけ広ければ、大丈夫です。

フロントでのチェックインの時にもらった説明書です。
朝食のこと、ラウンジのこと、レイトチェックアウトのことなどありました。

マリオットホテルのゴールド・プラチナエリートメンバーに渡されるものです。
オープンした当初と少し変わって来ているようですから、これから宿泊される方も多少の変更があるのかもしれません。

では、部屋に行きましょう。

フロントの近くに階段があるので、それを2階に上がって部屋に向かいます。
ラウンジの場所も、2階にあります。

客室について

128室のゲストルームがあり、3階建てのホテル。シモンズ社製のベッドの癒しの空間があります。部屋タイプは露天風呂付き客室、畳スペースのある和洋室、ドッグフレンドリールームなど選ぶことができます。

客室タイプ 定員 面積 室数
スーペリアルーム ツイン/キング *1 2~3名 29.5~31.2m2 26室
スーペリアルーム 温泉付
ツイン/キング
2名 31.2m2 10室
和室 ツイン/キング 2~4名 40.5m2 20室
和洋室 ツイン/キング 2~4名 40.5m2 20室

温泉露天風呂付デラックスルーム
ツイン/キング *1

2~3名 40.5m2 36室
温泉露天風呂付プレミアルーム
ツイン *2
2~4名 49.4m2 10室
温泉露天風呂付プレミアルーム
キング *1
2~3名 49.4m2 3室
ジュニアスイート 2名 83.2m2 1室
エグゼクティブスイート 2名 98.7m2 1室
ドックフレンドリールーム *1 *3 2~3名 52.4m2 1室

*1 3名利用の場合、エキストラベッドを用意
*2 3名で利用の場合、エキストラベッドを用意
*3 犬1頭につき、宿泊料金として5,400円(税込)を別途支払。
  2頭目以降は1頭毎に2,160円(税込)。

チェックイン 15:00 / チェックアウト 11:00
※全室禁煙

今回僕が予約をしたものが橙の文字です。
アップグレードしてくれた部屋が青色のものです。

では、部屋に入って見ましょう。

部屋の様子

フロアーマップで場所の確認。

廊下を歩いていきます。

今回の部屋は、614です。
2階に位置している部屋でした。

部屋の鍵をおくと電気がつくものでした。

初めの印象は、とても綺麗!でした。
すごく嬉しいですね。

     

       

備品

電気ケトル、カップ(和室除く)、ティースプーン、タンブラー、ドライヤー、拡大鏡、体重計、グラス、ティッシュケース、目覚まし時計、メモケース、 ペン、アイロン、アイロン台、靴べら、洋服ブラシ、ハンガー、ハンガーピンチ

[ドッグフレンドリールーム専用備品]
ケージ(幅970mm×高さ550mm×奥行き660mm)・粘着テープ(コロコロ)、 愛犬用足拭きタオル・ウェットティッシュ・消臭剤・糞始末用袋・ペットシーツ、ペット用ごみ箱・食器
※食器は用意しておりますが、普段使い慣れたものをお持ちください。

【浴室】
バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、バスマット、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディローション、ハンドソープ、ボディスポンジ、歯ブラシ、コットンセット、シャワーキャップ、シェーバー、シェービングフォーム、ボックスティッシュ、ヘアブラシ、サニタリーバッグ

【クローゼット】
ランドリーバッグ、シューミット、スリッパ、浴衣、タオル、ビニール巾着袋

【居室】
ドリップコーヒー、デカフェ、紅茶、緑茶

 

この部屋の目玉、客室に露天風呂がついています。

シャワールームにシャンプーなどがありましたが、露天風呂に持ってきました。

THANNというタイの高級ブランドのものです。
これは、マリオット系列のホテルに泊まるとどこも同じようにあります。

ホテルの詳細について

伊豆マリオットホテル修善寺についての客室や備品、温泉、フィットネスセンターなどの情報をまとめてみました。

ホテルのある敷地の地図もフロントでもらえます。

ホテルの敷地内の地図は、ラフォーレリゾート修善寺と書かれています。
昔の名残でしょうか。
これがあれば、色々と探検もできますね。

ラウンジについて

また、ラウンジがありました。
2018年2月21日現在の確認した情報です。
ただし、ドリンクサービスということで、1階のチェックインの受付して2階に上がります。
その2階のフロアーにグリル&ダイニングGというものがありますが、ファンクションルームBという場所で簡単な軽食とアルコールを含むドリンクが自由に利用できました。

このラウンジについても、宿泊をしてきましたのでご紹介をします。

ラウンジは、ファンクションルームBという部屋でした。

中に入って見ましょう。

広さは、あまり大きな部屋ではありませんでした。
30名くらい座ったら、いっぱいになってしまうくらいの大きさでした。

ソフトドリンクコーナーです。
デロンギのコーヒーマシーンと紙コップがあり、外に持っていけるような感じでした。
アルコールでは、スピリッツ系のもの、一番奥がシャンパンがありました。

昔の駄菓子屋さんに置いてあるような冷蔵庫にコーラー、炭酸、ビールがありました。
ここにもとりあえず、飲み物を置いておこう。
かなりチープな印象。
よく言えば、かなり親しみのある昔を思い出します。

しかし、ここは高級ホテルのマリオットであった。
そう思うと、ちょっと残念だなーって感じがありました。

ラム・ウオッカ・ジン

シャンパンが2種類

ビール、コーラ、ソフトドリンクなど

軽食コーナー

フルーツの何かでした。

東京のマリオットホテルや大阪のマリオットホテルの本来のラウンジというような感じのものではなく、とりあえず一時的にラウンジを解放しておきましょう。

そんな印象のラウンジでした。

軽食、アルコールを含むドリンクがありましたが、これからここに訪れる場合の心構えとしては、あまり大きな期待をしてダメですね。
東京・大阪のマリオットのホテルにあるザ・ラウンジと同じではないと思ってください。

これも今後期待できれば良いですね。

 

レストラン

開放感あふれる森のダイニング「Grill & Dining G」があります。森を表現した落ち着いた「ディープフォレストエリア」と、オープンエアなテラス席を含め、爽やかな「テラスフォレストエリア」の2つのエリアがあります。

営 業 時 間:朝食 7:00~11:00
昼食 11:30~14:30
夕食 17:30~21:00
※昼食は曜日・季節により営業しない場合もあります。

総 席 数:168席
料   金:朝食 3,500円
夕食 6,500円 
ラウンジ
(消費税・サービス料別)

朝ごはんを食べましょう。
このダイニング「Grill & Dining G」でオムレツを食べておきましょう。

 

オムレツを注文すると、こんな伝票みたいな注文票が渡されます。
どのように記入したら良いのか、困ります。笑

なんせ、僕は普通のもので良いのですから、色々と注文することが苦手なのです。
玉ねぎは苦手だから抜いてちょうだいとか、チーズを多めでお願いしますとかね。笑

これも必要なのかどうか分かりません。
必要?って感じ。

アレルギーの配慮があるのですね。
すごいですね。

そばとか、おかゆとかありました。
和食が好きな僕は、パンよりもこちらが気になりました。

飲み物とかですね。

洋食の定番のものたち。

女性が気になるパンがたくさんありました。
僕は、ちょっと見て素通り。笑

朝食がワクワクするものばかりあります。

女性が好きそうなヨーグルト。

そば

ご飯とおかゆ

欲張った食いしん坊の僕の朝食です。

ご飯を食べ終わると、コーヒーを持って帰れます。

グラブアンドゴーっていうもので、東京・大阪のマリオットではありました。
海外のものも当たり前のようにあります。

レストランの様子です。

エッグステーション。
オムレツなどを作ってくれます。

作っているところを見ていました。

見てるだけでも楽しいです。

これも女性が気になるポイントでしょうか。

フレークなど。
僕は興味があまりないため、スルー。笑

伊豆マリオットホテル修善寺に宿泊の方は、ホテルラフォーレ修善寺内にあるレストランも利用できるようです。

温泉スパ(大浴場、水着着用ゾーン)

開湯1200年以上の歴史を持ち、伊豆半島で最も歴史のある名湯・修善寺温泉。
日本百名湯にも選ばれている名湯「修善寺温泉」のいで湯を楽しむことができます。
温泉大浴場のほか、岩盤浴場、男女ファミリー揃って楽しむことができる水着着用ゾーンもあります。

営 業 時 間:大浴場 6:00~10:00、11:00~24:00
水着着用ゾーン 10:00~22:00
泉   質:アルカリ性単純泉、無色透明
効   能:疲労回復、筋肉痛、神経痛など

温泉は、男女別になっています。
温泉のプールなどは家族で楽しめる様子でした。

水着着用ゾーンですね。
ここも僕一人の貸切状態でした。
ほんと、平日は誰も使っていなかったので、ビッリクですね。
時間帯としては、みんなチェックアウトしそうな10時ごろが空いていました。

男子の更衣室

岩盤浴

約40℃に保たれた岩盤をご用意した岩盤浴エリアです。遠赤外線の効果で、身体の内からじんわりと温まり、心身ともにリフレッシュできます。

営 業 時 間:11:00~21:45(受付21時まで/予約制)
料   金:宿泊者 45分540円

今回僕は利用していないので、写真はありません。

フィットネスセンター

ランニングマシーンやバイクなどを備えるフィットネスルーム。ご宿泊のお客様は、24時間無料でご利用いただけます。

営 業 時 間:24時間
料   金:宿泊者無料

客室のカードキーをかざして入室します。

ここも誰もいませんでした。笑

一時間ほど利用していましたら、覗きにきた人がいましたが、すぐにいなくなりました。

貸切状態です。

自動販売機もあります。

アルコールも販売していました。

しかし、ラウンジの利用ができるため何も買っていません。

ラフォーレリゾート修善寺(付帯施設)

1976年開業、「総合リゾートホテル ラフォーレ修善寺」は、2017年7月15日、
「ラフォーレリゾート修善寺」として生まれ変わりました。
新たに「伊豆マリオットホテル修善寺(2017年7月28日オープン)」が加わり、
2つのホテルでの滞在と、多彩なスポーツ・レクリエーション施設を楽しむことができます。

テニスコート

営業時間:
7:00~23:00(12~2月は21:00まで)

コ ー ト:12面(ハードコート・オムニコート)
ナイター照明有
料  金:宿泊者 1時間1面1,000円

 

温泉大浴場 森の湯

営業時間:6:00~10:00 / 12:00~24:00
サウナ 5:00~22:00
料  金:宿泊者無料
泉  質:アルカリ性単純泉、無色透明
効  能:疲労回復、神経痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど

 

マリオットホテルから少し離れた場所にあります。
タオル持参が注意です。

受付をすませると、さらに奥に進んでいきます。

この日、僕が一番な様子でした。

誰もいない温泉を貸切状態でした。笑
そのため、写真を撮りまくりました。笑

内風呂があります。

露天風呂もあります。

近くにゴルフ場があるのですが、そのあとに利用すると良いですね。

体育館

約1,000㎡もの広さがある体育館では、バスケットボール、 バレーボール、バドミントン、卓球などが楽しめます。

営業時間:
[平日] 9:00~17:30
[土曜・トップシーズン] 8:30~21:00
[日曜] 8:30~17:30
料  金:宿泊者無料
※運動靴、ラケットなどは無料レンタルがあります

体育館の近くには、ファミリー広場がありました。
パターゴルフもできます。

この辺りもレンタルができる様子でした。

バーベキュー場

 

2月の寒い時期にさすがにバーベキューはやっていませんでした。

夏ですよね。BBQやるなら!!笑

ラフォーレ修善寺&カントリークラブ

北に霊峰富士、南に天城連山を望み、四季の移ろいを感じられるラフォーレ修善寺&カントリークラブ。バラエティ豊かな18ホールは、谷越えや池越えも織り込まれ自然が巧みに活かされたコースです。

その他のホテルの施設をご紹介します。

喫煙コーナー

ホテルのフロント近くにあります。
この喫煙ルーム以外での喫煙は禁止されています。

部屋での喫煙も禁止です。

キッズルーム

キッズルームがありました。
家族連れにはいい場所ですね。

こんな場所もありました。

ランドリー

洗濯もできます。

  

 

長期の旅行者の利用で、便利そうだなって思いました。

まとめ

伊豆マリオットホテルへのアクセスは、電車・バスよりも車の方が良い。
ホテル周辺は、レストランも含めてあまり何もない。
晩御飯をホテルで食べる場合、予約をしておいた方が良い。
家族連れには、サービスが良い印象があった。

マリオット系列のホテルに宿泊をしたいとします。
その理由としては、SPGアメックスを持つことでホテル会員のゴールドステータスのおもてなしを受けて見たい。

ラウンジアクセス、部屋のアップグレードなどの魅力を確かめたいと思いますよね。
その宿泊の際の予約の仕方でより安く高級ホテルの過ごし方がもっと楽しくなると思います。

SPGアメックスについてなに?っていう疑問についての記事を書いております。
ご参考にしてみてください。

SPGスターウッドプリファードゲストの無料会員登録とSPGアメックスの発行後のマリオットのステータスマッチ

ベストレート保証をもらう申請の方法を詳しく説明したものが以下のものです。
実際に僕が行った方法をご覧ください。

「マリオット」失敗しないベストレート保証の申請の仕方

ちなみに口コミなどが気になる方は、以下のトリップアドバイザーのものをご覧ください。

https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g790340-d12689102-Reviews-Izu_Marriott_Hotel_Shuzenji-Izu_Shizuoka_Prefecture_Chubu.html 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です