$1≒106円 お得に米ドルで JAL の航空券などを買えないのか?

アメリカドルが急落して、円高になっていますね。
これを契機に、アメリカドルで日本航空のチケットを安くで購入できないか?
と思いました。調べて見たら、がっかり。

「JALカード」では、ドル建て決済カードがないようです。
日本国内の金融機関口座での決済は円建てのみとなるため、
お得に米ドルで JAL の航空券などを買うことができないと分かりました。

 
じゃ、円を米ドルに交換してみましょう。
未来の自分への覚書をしていきたいと思いますが、
他の方も参考になれば、どうぞご覧ください。

為替については、素人なので勉強中です。
もっと良い方法がたくさんありましたが。。。

スポンサーリンク

2018年2月16日現在のアメリカドルと円の為替レート

https://finance.yahoo.com/quote/

2018年2月16日現在の情報です。

僕の場合、$1=106.29円という為替レートでした。
うー、アメリカドルがすごく安くなっていますね。
アメリカドルが安くなっているということから、
アメリカドルを日本円から交換してみました。

$1=106.29円
銀行手数料 2.8円
交換 $1=109.29円

交換手数料がなければ、とっても良いと思っていましたが、
なかなか日本円からアメリカドルの交換で良い方法はないのですかね?
まー、これからゆっくり調べて見ましょう。
それにしても、交換手数料というものが大きいですね。
これがなければ、本当にいいのですが。。。

日本円から外貨への交換する方法

銀行に行けば、外貨を購入することができる自動販売機があります。
そこで、外貨を購入することができます。
または、窓口に行けば日本円から外貨へ交換することができます。

外貨自動販売機の利用明細書です。

取扱種別 数量 小計
US$ CASH
500 x1 500
合計外貨額 500
為替レート @¥109.09
円貨額 ¥54.545

これから分かることは、$1=106.29 の為替レートだった時のものです。
日本円から外貨(アメリカドル)への交換するためには、銀行の場合には
交換手数料が取られます。この場合では、2.8円が交換手数料となります。
そのため、為替レートには本来の為替レート$1=106.29に2.8円加えた金額になります。

$1=106.29+2.8円=109.09円

したがって、交換したものは以下の通りになります。

$1=109.09円
(為替レートと交換手数料を含んだ金額)

今回は、¥54.545 で US$ 500 を購入・交換をしました。
これは、交換手数料が含まれた金額になります。

外貨から日本円に交換する方法

では、これからアメリカドルを日本円にまた交換する場合、
どのような条件であれば、お得になるのかです。
アメリカドルから日本円に交換する場合にも、交換する手数料がかかります。
これが注意する点になります。
銀行によりますが、交換の手数料が3円の場合をまとめて見ます。

購入時の情報
$1=106.29円(為替レート)
銀行手数料 2.8円
交換 $1=109.09円
US$ 500 を ¥54.545 で交換しました。

これよりも円に交換をする条件としては、
手数料込みの為替レートになればお得になりますよね。
ということで、最低限の条件を考えて見ます。笑

$1=0.91円のお得になるとします。
そうすると、 $1=110円
銀行の手数料 $1につき 3円
$1=113円以上の時(為替レート)に交換をするとお得になります。

つまり、手数料が多くかかるので、注意です。

円   → 米ドル へ交換の手数料が 2.8円
米ドル → 円   へ交換の手数料が   3円

これだけの銀行の手数料が取られるために、為替レートが6円以上の差が出なければ
お得にはなりません。

今回の場合ですと、$1=106.29円(為替レート)で交換しましたので、
$1=113円(為替レート)以上にならなければ、お得になりません。

実際に色々とわからないままやってたので、
記事を書いていくうちに頭が整理できてきました。
やっぱりなかなかお得にはなりませんね。笑

購入時の$1=106.29円から$1=113円以上になったら
早速交換しようと思います。笑

結局、手数料をもらえる銀行がお得になるのですね。笑

まとめ

初めてのことでしたので、色々とわかりませんでした。笑
今は円高で米ドルが安いので、何かをしなければ!って思いました。笑

銀行での円→米ドルの交換は手数料が多くかかるということが分かりました。
ちょっと失敗気味ですか。笑

僕の場合はまとめるとこんな感じです。

購入・交換の時の為替レート $1=106.29円
円   → 米ドル へ交換の手数料 2.8円
米ドル → 円   へ交換の手数料 3円
お得になる為替レートの条件  $1=113円以上の時

$1=113円のとき交換すると、$1につき 0.91円ずつお得になります。
そのため、$500 であれば、 0.91×500=455円 お得になる計算になります。
例えば、$2,000 であれば、 0.91×2,000=1820円 です。
当然交換した金額が多くなればなるほど、お得になりますね。

ちなみに。。。
$1=114円のとき

$500 1.91×500=955円  955円 お得
$2,000 1.91×2,000=3820円 3,820円 お得 

少なくとも、銀行に預けておくよりも、タイミングを見ながら交換をしていけば
少しはお得になるのかなって感じでした。

安くドルを買う方法

さらに、まとめるとこんな感じです

・外貨への交換は、手数料が高くてお勧めできません。
・FXなら手数料が安くドルを買うことができるようです。
・FX業者は最小取引通貨単価が低い会社のSBI FXトレードが良いみたいでした。

これも投資?と思ってしまうのですが、
こんな投資のようなものも自己責任でやる必要がありそうですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください