羽田空港国際線 キャセイ・パシフィックラウンジに訪問

羽田空港国際線 キャセイパシフィックのラウンジに行ってきました。

2014年12月9日に開設

キャセイパシフィック航空は東京国際空港(羽田空港)国際線ターミナルの114番ゲート近くに設けられた「キャセイパシフィック・ラウンジ」

羽田空港に国際線を乗り入れる日系以外の航空会社が自社ラウンジを設けるのはこれが初めてとなる。

さて、どのようなサービスがあるのかチェックしたいと思います。

簡単に概要を示しておきます。
羽田空港国際線 キャセイパシフィック ラウンジアクセスでの魅力

・ヌードルバー
・木と石の音響と照明効果の室内
・バーのシグネチャードリンク
・午前11時までの時間帯には和朝食やフレンチトースト
・新ラウンジにおける飲食サービスはホテルオークラが担当

では、行って見ましょう。

スポンサーリンク

キャセイパシフィックラウンジのアクセス

キャセイパシフィック航空は東京国際空港(羽田空港)国際線ターミナルの114番ゲート近くに設けられています。

羽田空港の新キャセイパシフィック・ラウンジのエントランス

受付をして見ましょう。

新しいキャセイのラウンジ。楽しみですね。

キャセイパシフィックラウンジの受付

受付は、落ち着いた大人の雰囲気が出ている場所。

お子さんたちのお連れの場合、ちょっと難しいかもしれません。

大人の空間でした。
ゆっくり搭乗時間までの優雅な時間を過ごすための環境でありました。

では、写真でご報告します。

ラウンジ内の様子

落ち着いた大人の優雅な時間を過ごす空間。
オシャレです。

名物のヌードルバー。
それだけでなく、夜の時間帯に訪れましたが、パンなども充実していました。

注目を集めるもうひとつの飲食施設はフード・バー。

ここでは各種サラダやサンドイッチ、キッシュをはじめ、ペイストリー各種と本格的コーヒー・ドリンク各種、デザートといった軽食メニューを数多く取り揃えている。

女子が好みのメニューのラインナップ。

僕の場合、妻を同席したのですが、喜んでもらえた様子で、ご満悦でした。笑

午前中であれば、名物のフレンチトーストを食べることができます。

ザ・ヌードルバーは、光沢のあるスクリーンとグリーンのセラミックタイル、チェリー材を用いた壁とライムストーン色の床で繊細にかたどられている。

新ラウンジの設計にはロンドンを拠点に活躍するイルゼ・クロフォード氏率いるスタジオイルゼ(StudioIlse)を起用し、五感にやさしく響く心地良さで乗客に満足してもらうデザイン空間を創出。木や石などの天然資材を多用することで温もりを演出しながら音響や照明効果にも最大限の配慮を施しています。

羽田空港に開設する「キャセイパシフィック・ラウンジ」の総床面積は990平米で、ホームタウンである香港以外の自社ラウンジとしては最大級の広さを誇り、搭乗前のファーストおよびビジネスクラスの乗客に洗練された快適な空間を提供しています。

ロマンチックな大人の居場所。

バーカウンターでは、オーダーを受け付けてくれます。

木や石といった暖かくナチュラルな素材を多用し、音響や照明効果にも最大限の配慮がなされ、このうえなく快適な環境を醸しだしている。

ラウンジ全体には3方向の窓から豊富な自然光が差し込み、空港ラウンジというよりは家のリビングルームのような雰囲気が漂う。

ラウンジに配置されたデザイナー家具や照明器具には実用性と快適性を兼ね備えた選りすぐりの逸品を揃えている。窓際にはゆったり身を任せることができる一人掛けの椅子、照明器具と電源ソケットを備えた特製サイドテーブルが並んでおり、利用客は窓外の滑走路の様子や遠方に広がる風景を楽しめる。

またラウンジの一角に併設されたビューローと称するビジネススペースには2種類のOSを搭載したiMacとプリンターを完備した計4席のワークステーションを配備。そしてラウンジ内ではWi-Fi網を通じた高速インターネット接続も常時可能となっている。

サクラ材の壁面は床に敷き詰められた石灰石と絶妙に組み合わされており、格子状の仕切りやザ・ヌードル・バーの壁面に貼られた緑色のセラミックタイル、メインの入口とフード・バーに採用された銅材などで落ち着きのあるアクセントを加えている。また数多くの観葉植物や日本のアート作品を要所に配置することで居心地の良さを演出しています。

飲食施設の充実に重点が置かれた新ラウンジでの注目は「キャセイパシフィック・ラウンジ」の象徴的存在とも言えるザ・ヌードル・バー。

国際的評価の高い香港国際空港のラウンジでも人気のキャセイパシフィック特製の担担麺やワンタン麺など、出来立ての本格的麺料理がシェフ自らの手によって用意されるとともに、午前11時までの時間帯には和朝食やフレンチトーストなども提供される。

バーではキャセイパシフィック航空のシグネチャードリンクや、出来たてのカクテル、多彩なお飲み物(アルコール・ノンアルコール)を提供。

またバーでは乗客に好評のキャセイパシフィック特製のシグネチャー・カクテルを含めた豊富なアルコール類とノンアルコール飲料がバーテンダーによって用意される。これら新ラウンジにおける飲食サービスは国際的にも定評あるホテルオークラのグループ会社が担当する。

ザ・ヌードルバーでの出来たての本格的な麺。

ビールで乾杯!

羽田空港の夜景。

素敵でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です