ブリティッシュエアウェイ(BA) アカウント作成方法とavios 国内線 特典航空券の利用方法

ブリティッシュエアライン(BA) aviosを利用するためには、BAサイトのアカウント作成をする必要があります。

スポンサーリンク

BAサイトのアカウント作成

ブリティッシュエアウェイ(BA)のマイルをためるには、まずアカウントの作成が必要になります。

BAのサイトから申込みをしましょう。

トップページ内の Executive club 内の「クラブに入会する」をクリックします。

性・名は、パスポートと同じように記入していきます。
注意としては、英数で入力するフォーマットになっているので、注意です。

個人情報を入力する画面になります。
googleの自動翻訳の機能で日本語になっていますが、
入力は英数で入力していきます。

住所の部分の記入についてです。
例えば、東京都庁の住所の場合。。。

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8−1

住所1 2-8-1,nishishinjuku
住所2
住所3
市区町村 shinjuku-ku
国・州の選択 tokyo, japan
郵便番号・zipコード 163-8001

こんな感じで入力をしていけば良いと思います。
入力が終われば、一番下にある「入会する」をクリックします。

登録したメールアドレスにBAからのメールが届きますので、
そのメールに書かれているリンクをクリックします。

これで、BA aviosの会員番号を得ることができます。

一応、以下のものをメモっておきましょう。

BAのexecutive club 会員番号
ログインID
PINパスワード

それからお気に入りにBAのHPを入れておくと便利です。

BA の avios を使って特典航空券の予約方法

では、実際に特典航空券(国内線・国際線)を予約してみましょう。

BAのサイト に行きましょう。

トップページ内の Executive club 内の「aviosを使う」をクリックします。

「特典フライトを予約」をクリックします。

avios を使ってフライトの予約

出発地・目的地などの入力もちょっと注意です。
日本語でなく、都市名か3つの空港コードを入力します。

例えば、香港 HKG
    東京 TYO  ,(羽田 HND、成田 NRT)
    大阪 OSA , (伊丹 ITM, 関西空港 KIX)

その他の空港コードを知りたい場合は、GOOGLEなどで検索をしてみてください。

出発と復路の日程を選択します。
片道の場合は、チェックボタンをクリックします。
全ての入力ができたら、「この条件で検索」をクリックします。

帰りの部分も選択をしていきます。
そうすると、下の方にスクロールしていくと次のような画面が出てきます。

今回は以下のような条件で検索をしました。
 12月31日 21:05 (羽田) → 22:25 (関西)
          HND       KIX

  1月3日 07:10(伊丹) → 08:15(羽田)
           ITM                 HND

大人二人の往復
      18,000Avios(9,000Avios ×2名) +\1,160円(諸税)

「次へ」のボタンを押してすすめていきます。

下にするロールしていくと次のような画面が出てきます。

変更及び払い戻しの条件ですね。

さらに下に行きます。

「利用条件に同意します。」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

次に、搭乗者の詳細を記入していきます。
パスポートと同じ名前を記入してください。

ちなみに結婚したかどうかで名前の前につけるものが違います。

Mr.→未婚既婚関係なく男性

Mrs.→既婚女性

Ms.→未婚既婚関係なく女性

Miss→未婚女性

次に支払い方法です。

下の方に行きますと、クレジットカードの支払いができました。

支払いの情報を記入していきます。
そして「入力」をクリックします。

しばらくすると、次のような画面が出てきました。

これで「予約番号」をメモしておきます。
または、印刷をかけておいても良いですね。

JALのHPで料金のチェック

JALのHPの国内線を見てみましょう。

JALのHPより運賃の確認

12月31日
21:05 羽田 ー 22:25 関西
特便割引1の普通席 一人\14,990円

1月3日
07:10 伊丹 ー 08:15 羽田
特便割引1の普通席 一人\16,190円

大人二人分往復で、計 ¥62,360円でした。
Avios 18,000ポイントでしたので、1Avois =3.46円の単価でした。

これは、お得ですね。

当日までのチェックインの仕方など

無事にAviosポイントで国内線の特典校航空券は発行できました。
今回はブリティッシュエアウェイの特典航空券ですが、疑問がいつくかありました。

チェックインはどこに行けばよいのか?
JALグローバルクラブの上級会員のおもてなしを受けることができるのか?
そのあたりが気になって確認してみました。

ブリティッシュエアウェイ(BA)へ電話

一応、ブリティッシュエアウェイ(BA)電話連絡してみました。
チェックインの仕方、座席の指定などできるのか確認してみましたが、
出発の24時間前になるとオンラインチェックインができるようです。
今の状態では、JALの上級会員のヒモ付などができないようでした。
当日は予約番号がわかるものを持って、JALのチェックインカウンターに向かうとのことでした。

ダイヤモンド・プレミア予約デスクに電話

それでも、ちょっと不安だったので、JALグローバルクラブに連絡をしてみました。
正確に言うと、ダイヤモンド・プレミア予約デスクに電話での確認をしました。

チェックインは、JALのチェックインカウンター
(JALグローバルクラブチェックインカウンターでも可能だが、予約番号とJALグローバルカードの提示が必要)

JALのラウンジの利用は、可能のようでした。

そして、予約番号を伝達すると、座席の指定もしてくれました
BAでは直前までできない様子だった。

通常のJALを利用するときのように、上級会員としての扱いをしてもらえるようです。
ブリティッシュエアウェイ(BA)の特典航空券であっても、優先搭乗とかラウンジアクセスとかできると確認できました。
これで、ちょっと安心しました。笑

でも、JALのタッチアンドゴーなどの一部サービスを受けることができないようでした。

まとめ

ブリティッシュエアウェイ(BA)を使ったAviosの国内線の特典航空券
それをお得に取ることができました。

片道一人 東京(tyo)-大阪(osa)
合計金額  4,500 Avios + ¥ 440

往復一人 東京(tyo)-大阪(osa)
合計金額  9,000 Avios + ¥ 580

往復二人

東京(tyo)-大阪(osa)

合計金額  18,000 Avios + ¥ 1,160

(すべての税金、手数料、航空会社による各種料金込み)

空席も年末年始ということで、全然空席がありませんでしたが、
搭乗したい10日前から7日前ほどから、直前の空席の開放があったように感じました。

しかし、直前の空席の開放も何かの条件があるように思えました。

機会があれば、東京(tyo)ー香港(hkg)などの国際線もBAを使った特典航空券がお得であることを知られていますので、ビジネスクラスで利用してみたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です