ドバイ・スペイン旅行記⑭ ドバイーマドリード エミレーツビジネスクラス搭乗記

今回は、ドバイ発ーマドリード着のエミレーツ航空ビジネスクラスに乗りますが、前回はドバイの空港にあるエミレーツ航空のビジネスクラスラウンジの様子を記事にしていきました。

一番楽しみにしていた憧れのエミレーツ航空ビジネスクラス ドバイ発ーマドリード着 

よく「マイルは、貯めることよりも使うことが難しい!」と聞きます。
しかし、僕が調べていくうちに、以下のようなことが分かり、明確な目標ができました。

JALで10万マイルを貯めると、ヨーロッパにビジネスクラスで大人一人往復で行ける。しかも、JAL以外の航空会社も使えるようだ!!(すごい!)

2017年4月 実際に貯めた20万マイルで妻と僕の二人分の特典航空券の発行が終わました。
2017年7月 韓国発でドバイ経由のスペインにエミレーツ航空ビジネスクラスで行きました。

貯めたマイルを特典航空券の発行までを記事にしてきました。

2017年ヨーロッパにビジネスクラス JAL10万マイルを使って特典航空券取得しました!!取得までの流れと考察

2017年ヨーロッパにビジネスクラスの特典航空券はどのように発券しますか?

2017年ヨーロッパビジネスクラス エミレーツとカタール どっちにする?

2017年ヨーロッパビジネスクラス 予約の方法はどうすればよいのか?

 

さて、ここまでが特典航空券の発行までの流れでした。

EK143 77W DXB(ドバイ)
MAD(マドリード)
7/24(月)14:30発
7/24(月)20:20着
3
4S
7h50m ボーイング
777-300ER

今回は、この記事を書いていきたい思います。笑

では行ってみましょう。

スポンサーリンク

ドバイ・スペイン・韓国の旅行記

前回までの記事はこちらです。2017年7月に旅行した情報です。

ドバイ・スペイン 内容
旅行記① 成田空港JALファーストクラスラウンジ(本館)

 ファーストクラスのチェックインカウンター、
成田 JAL ファーストクラスラウンジの様子

旅行記② 成田ーソウル JL959搭乗記

 エコノミーでの成田ーソウルの移動と機内の様子

旅行記③ ソウル仁川国際空港  SKY HUB LOUNGE 訪問 
プライオリティパス利用

 プライオリティパスの利用できるインチョンのラウンジ巡り

旅行記④ ソウル仁川国際空港 アシアナ航空ラウンジ 
プライオリティパス利用可能

 プライオリティパスの利用できるインチョンの
ラウンジ巡り(その2)

旅行記⑤

ソウル仁川国際空港乗り継ぎでドバイへ 
エミレーツA380 ビジネス
NRT-ICN (JAL)からICN-DXB(ER)

 韓国のソウルにある仁川国際空港からドバイ行きの乗り継ぎ。
インチョン国際空港の乗り継ぎでドバイへエミレーツA380
ビジネスクラス搭乗券発行の仕方

旅行記⑥

エミレーツA380 ビジネスクラス搭乗記 
インチョン(ソウル)ードバイ ICN-DXB(ER)

憧れのエミレーツのA380 のビジネスクラス搭乗記

旅行記⑦

JW マリオットマーキスドバイ(jw marriott marquis dubai)宿泊

 アメックスのSPGを発行して、マリオットのなんちゃってゴールド会員
ホテルの部屋アップグレード、エグゼクティブラウンジなどの様子
旅行記⑧

JW マリオットマーキスドバイ エグゼクティブラウンジ 朝食

旅行記⑨

 JW マリオットマーキスドバイ エグゼクティブラウンジ ハッピーアワー

 旅行記⑩

 JW マリオット・マーキスドバイ エグゼクティブラウンジ 朝食

 旅行記⑪

JW マリオット・マーキスドバイ KITCHEN 6 朝食 

 旅行記⑫

ブルジュ・カリファ148階「at the top sky」世界一の展望台からの景色

 旅行記⑬ ドバイ空港 エミレーツビジネスクラスラウンジ
 旅行記⑭
 旅行記⑮
 旅行記⑯
 旅行記⑰
 旅行記⑱
 旅行記⑲

ドバイ・スペイン・韓国の旅程

2017年7月の情報です。

便名・機材 スケジュール ターミナル 所要時間 備考
JL959 73H NRT(成田)
ICN(インチョン)
7/22(土)18:40発
7/22(土)21:20着
2
2h40m  
ICN(インチョン)でラウンジ巡り   21:20 – 23:55
EK323 388 ICN(インチョン)
DXB(ドバイ)
7/22(土)23:55発
7/23(日)04:25着

3
9h30m A380
ドバイで1泊2日
EK143 77W DXB(ドバイ)
MAD(マドリード)
7/24(月)14:30発
7/24(月)20:20着
3
4S
7h50m ボーイング
777-300ER
スペインで3泊4日
EK323 388 MAD(マドリード)
DXB(ドバイ)
7/27(木)15:20発
7/28(金)00:45着
4S
3
7h25m A380
EK323 388 DXB(ドバイ)
ICN(インチョン)
7/28(金)03:40発
7/28(金)16:55着
3
8h15m A380
韓国で2泊3日
JL954 73H ICN(インチョン)
NRT(成田)
7/30(日)11:10発
7/30(日)13:45着

2
2h35m

※ 時間は各都市における全て現地時間です。

搭乗口に到着

今回の搭乗口は、ターミナル3のB23です。
先輩方のブログには、ビジネスクラスのラウンジから直接搭乗口に行けると書かれていたものを見ていたのですが、2017年7月の僕の実体験ではラウンジを出てから搭乗口に行かなければなりません。

ラウンジから搭乗口へ直接は行けませんでした。

ビジネスクラスラウンジをいったん出てから、搭乗ゲートまで移動する必要がありました。

無事に到着。
この搭乗口周辺には、人でいっぱいになりつつありました。
この写真からは分かりませんが。。。

写真からは分かりませんが、結構な人がいました。
ビジネスクラスといっても、飛行機の2階にはビジネスクラスの席が結構あるのです。
きっとそのためでしょうが。。。

スペインのマドリードに向けて、出発です。
一応表示板にて、確認。
実際にチケットに書かれている飛行機の出発時刻と搭乗ゲートに集まらなければならない時間があり、かなり前に搭乗ゲートを通過しなければならないという印象。

エミレーツ航空を乗る場合、機体が大きいためか乗客は飛行機の出発する時刻よりもかなりはやく機内に乗る必要があると思いました。

集合するの、早くないかい?と内心思いました。笑

チケットを見せて、搭乗していきます。

やっぱり建物が大きい。

階段を降りて、目の前の飛行機に乗ります。

搭乗券のチェック。

クラスによって、進む道が変わります。

我々は、ビジネスクラス。

どんどん先に進みます。

搭乗する時間が、とても早い印象です。

どんどん近づいていきます。

エミレーツ航空の飛行機。

ここが別れ道です。

我々は、ビジネスクラスですので、左側に進みます。

入口には、現地の新聞がありました。

おー。すごい。
こんなに近くにエミレーツのロゴを見れると嬉しいですね。

エミレーツ航空の座席の様子

飛行機の前方のところから自分の座席へ向かいます。
ビジネスクラスの場合、ファーストクラスの座席を通り越してから、ビジネスクラスの座席があります。

そのため、ファーストクラスの座席の様子に驚いてしまうのです。
その様子を少し写真にとっておきました。笑

ファーストクラスの座席の様子

まずは、ファーストクラスの座席を通り、ビジネスクラスの座席に行くのですが、
通る時に、ファーストクラスの座席を激写。笑

今回は、A380ではなく、ボーイング777ですので、ちょっと残念です。
それにしても、ファーストクラスはすごいです。

高級感のある座席に金色と木目のデザインが、かなりお洒落。

ファーストクラスの席を激写。笑。
それぞれが半個室のようになっておりました。

ファーストクラスの座席。ビジネスクラスと違います。
テレビの前にある化粧品?あたりには鏡があり、ライトを照らしている様子からも
すごくゴージャス。

なんだか、ピカピカしていて、すごいって印象のファーストクラスの座席。
座席の隣には、ミニドリンクバーがありました。

シート自体は、ファーストクラスのものとビジネスはちょっと違いましたね。
しかし、全部が革でできているようで、ゆったりできそうでした。

ビジネスクラスの座席の様子

こちらは、僕の座席です。
ビジネスクラスの席。

初めにファーストクラスの座席を見てしまったら、ちょっと切ない気がしました。笑。

座席と前のテレビまでの距離が十分です。
この席は、僕の一つ前の座席で、誰も座っておりませんでした。

毛布とヘッドホン、枕がセットされていました。

この写真の真ん中には、大きなリモコンです。
左側にあるもの小さなコントローラみたいなものもリモコンです。
座席の調整などにも利用できます。

ヘッドフォンをさす場所がありました。

ちょうどシートの横の下あたりには、USBをさすものもありました。
携帯の充電などもこれでできます。

その上には、コンセントもありました。
パソコンなどの充電もできそうでした。

座席の隣には、飲み物を置く小さなテーブルとドリンクホルダーがありました。

座席の頭あたりには、調整できるようになっています。
これなら寝返りなども防げそうです。

実際に着席したら、前までの距離があり、ゆったり座れます。

窓も高級感があり、木目のデザインがオシャレです。

僕の座席の前後の様子です。

座席が十分に広いために、座席上の荷物を入れる場所も、それほど気になりません。

この便の場合、搭乗する人が少なかったために、ビジネスクラスの写真に写っている座席には、誰も座っておりませんでした。

カーテン先のファーストクラスも人が全然いませんでした。

人が全然いませんでしたので、写真も取り放題。笑。

ここも人がいません。笑。

シートをフルフラットにして見ました。
十分にこれで寝ることができます。

僕が押しているボタンで、座席のリクリニングを調整できます。

186CM の僕でも足を伸ばせます。
すごく快適でした。

前のテレビ画面までとても広い。笑。

離陸前の移動と外の様子

ドバイ エミレーツビジネスクラスラウンジではとても快適に過ごせました。
また、帰りにも利用しますね。

では、スペインに行ってきまーす。

エミレーツ航空の飛行機が当然ながらたくさんありました。

ドバイ国際空港、とても広かったのですが、外から眺めてみると、その大きさに改めてびっくりします。

エミレーツ航空ばかりを見ていると、なんだかカッコイイと思えてきます。

見慣れてきたら、そうなるのかな。
なんとなくかっこいい写真を撮ることに夢中になりました。笑

本拠地のドバイには、エミレーツ航空ばかりですね。

さて、滑走路の様子です。

カンタス航空が見えました。
ワンワールドアライアンスメンバーでJALの仲間です。

カンガルーの絵が尻尾に書いてあり、可愛らしいですね。

飛行機が飛ぶ前の滑走路を見ることが、なんだか僕は好きです。

おー。
これから飛ぶんだーって思うとワクワクするのです。
これは、僕だけでしょうか。

この矢印の向きにきっと移動するのだと思います。

この様子を座席前のテレビでも見ることができます。

なんだか詳しくわかりませんが、ドバイと書かれて飛行機がありました。

さて、離陸します。

飛行機が飛び上がる瞬間って、ワクワクしませんか?
この瞬間が一番好きです。笑

おー。
ドバイの街が見えました。
こんな様子だったわけですね。

少しずつ高度を上げていきます。
ドバイの町がこんな感じであったのか!と思えました。

建設途中のものですね。
ここも数年後には何か建物ができるのでしょう。

ウエルカムドリンクにシャンパン。

このナッツは、温かくて食べやすい温度でした。
おいしくいただけました。

食事の内容

食事の時間。
お昼ごはんをいただきましょう。

Appetisers

このメニューに書かれている3つの中から一つ選んで、注文します。
僕と妻の分で印をつけておきました。

Traditional Arabic mezze

独特な感じでした。笑

味は、独特なアラビアンな感じは、こんな感じかーって感じ。笑。

パンですね。

飲み物が空いているかどうか、いつも回ってきて注いでくれます。

Mushroom soup

これは、本当においしかったです。
ぜひ、ご搭乗のときにこのメニューがあれば、頼んだほうが良いです。
お代りしたいくらいおいしかったです。笑

これは、サラダにかけるオリーブオイルですが、
これが、すごくおいしかったです。
絶対にオススメですから、使ってみてください。
購入ができるのであれば、買いたいくらいおいしかったです。笑

ただ単に、僕の好みがバルコサミのオリーブオイルなのかもしれませんが、
おいしくいただきました。

サラダがおいしかった。笑

器とか食器に注目。

Royal Doulton
なんだかどこの食器を使っているのかを写真を撮ってみました。笑

エミレーツ航空とのコラボですね。

Main course

これも3つのものから一つ選んで注文をします。

Chicken baharat

味は普通でした。
パンのお代わりは、たくさんできるようです。
シャンパンとパンは、無限に出てきますので、お代わりし放題でした。笑

しかし、そんなに多く食べれない僕は、ちょっと残念でした。笑

Stir-fried prawns with cucumber

ごはんはちょっとパサパサしていて、日本のお米のほうがおいしいと思いました。

Dssert

デザートも三つの中から一つ選ぶことができます。

  

Raspberry yoghurt delice

ラズベリーとヨーグルト、おいしかったです。

テーブルクロスがかかっていると、お洒落に見えます。

インスタ風に撮影

こんな箱に入ったチョコももらえました。
食事のたびに出てきました。

中身は、二つのチョコでした。
すごく甘いです。

フィニッシュは、ホットコーヒー。

窓の外の景色

外を見てみれば、砂漠です。

 

長い飛行機の移動時間を外の景色を見ながら、過ごします。

軽食の内容

軽食の時間となりました。

Lamb pie

中身を見てみれば、どんな感じでしょうか。

ちょっと崩してみましょう。

左側のお皿。
Cold snacks の Salade nicoise
前菜でしたが、おいしくいただきました。

Barley risotto

リゾットですね。

お米の上にのっていたのは、チーズだったかな?
忘れました。

味は、おいしかったと思います。ちょっと疑問。笑

Murgh makhanwala
なんか、注文をCAの方が間違ったようで、おまけでくれました。

味は、辛かったです。

もう少しでマドリードに到着。

最後にデザート。

チョコレートケーキ。
コーヒーが後から出てきて、満腹です。笑。

しばし、休憩をして。

外の景色を見てみました。

もうマドリードに到着です。
初のスペイン。

楽しみでありました。

マドリード空港に無事に到着。

座席から移動して、空港の内部に移動します。

到着は、T4Sというターミナル。

マドリード空港は、綺麗でお洒落で、広かったです。

到着したフロアーの地図。

荷物を取りに移動です。

スーツケースを取りに行きましょう。

マドリードからタクシーで移動しました。

ホテルも空港からちょうど良い位置の場所で、タクシーが便利だったからです。

タクシー乗り場には、そんなに待ち時間がなかったので、便利です。

実際にタクシーに乗ると、料金の設定がされているので、安心です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です