2017年ヨーロッパにビジネスクラスの特典航空券はどのように発券しますか?

前回までの流れ

JALマイルの特典航空券の使い方を考えます。

僕は、どのぐらいのマイルを貯めるとどこに行けるのか?というところが始めに思いました。マイルを貯めはじめた当初は、まーだいぶ先のここだし、ゆっくり考えよう。
マイルを貯めて、ハワイにでも行けたらいいな!って感じでした。

僕は、JALマイルを普段はこつこつを貯めて、実際にJAL国際線特典航空券でハワイなどに行きたいと初めは考えていました。しかし、JALのHPで見ても、なかなか空席がありません。
それでは、コツコツと貯めたマイルがもったいないですよね。

よく「マイルは、貯めることよりも使うことが難しい!」と聞きます。

しかし、僕が調べていくうちに、以下のようなことが分かり、明確な目標ができました。

JALで10万マイルを貯めると、ヨーロッパにビジネスクラスで大人一人往復で行ける。しかも、JAL以外の航空会社も使えるようだ!!(すごい!)

2017年4月 実際に貯めた20万マイルで妻と僕の二人分の特典航空券の発行が終わました。
2017年7月 韓国発でドバイ経由のスペインにエミレーツ航空ビジネスクラスで行きました。

この記事では、以下の項目で順番に情報を整理して行きたいと思います。

・どの航空会社を選ぶのか? JMB提携航空会社とは?  ・・・  前回の記事

・特典航空券はどちらで発券しますか?
 JALマイルをJALで発券する場合
 JALマイルをJMB提携航空会社で発券する場合

・必要なマイル数は?
 ・エリア制
 ・総移動マイル数

ヨーロッパにJALマイルを使ってビジネスクラスの特典航空券をとろう!!

・行き先はどこにしますか?
  各航空会社の特徴・空港ラウンジなど

・予約の方法はどうすればよいのか?

・予約の電話を入れる前に決めておくことは?

・エミレーツ航空スカイワーズマイルよりJALマイルのほうがお得なのか?

・以遠権とは何か?

・エミレーツ(EK)の空席確認の方法とは?

まずは、貯めたマイルを特典航空券の発行までを記事にしていきたいと思います。
その後にドバイ・スペイン旅行記を書いていきたいと思います。

では、行ってみましょう。

・特典航空券はどちらで発券しますか?

JALマイルを使って海外への特典航空券を発券する場合は、大きく分けて3つに分かれます。

https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/

・JALを利用して、JAL国際線特典航空券を取る場合
・JBM提携航空会社を利用して、JBM提携航空会社特典航空券を取る場合
・ワンワールド加盟を利用して、ワンワールド特典航空券を取る場合
・JALグループ国内線特典航空券
・どこかにマイル(往復6,000マイルで国内のどこかに行く)

このどれかを選択する必要があります。

僕の場合は、行き先がヨーロッパのどこかにビジネスクラスに乗って行くという漠然としたものから調べました。
また、行ける日にちが妻と確定していたので、その日を中心に空席があるかを調べました。

 JALを利用して、JAL国際線特典航空券を取る場合

この場合、JALのHPに行きましょう。

https://www.jal.co.jp/jmb/index03.html

JAL国際線特典航空券をクリックします。

ヨーロッパの場合、4つで直行便があります。

・ロンドン(イギリス)
・パリ(フランス)
・フランクフルト(ドイツ)
・ヘルシンキ(フィンランド)

逆に言えば、この4つの国しか直行便がないのです。
これから旅行を考えたときに、ヨーロッパにはこの4カ国しか行けません。
旅行の自由度がすごく少ないことがデメリットですね。

特典利用にあたっての注意

・特典への交換は会員本人が行う。また会員以外の方が特典を利用する場合、会員本人が直接申し込む。
・JMB提携航空会社のマイレージプログラムに積算したマイルとJMBマイルを合算することはできない。
・特典の変更などは、特典航空券の発行日より1年であり、同一区間での便・日付の変更が可能。ただし、国際線第一区間を変更する場合、燃油特別付加運賃や航空特別料金等に変更の差額を支払う。

・キャンセル待ちができる

■ 旅程について

<往復での利用>

・1特典で往路・復路各3区間まで利用できる。
・日本国内区間の利用は、往路・復路各1区間まで。
・出発地・出発国を経由して別の目的地に行く旅程は組めない。
・出発地と最終到着地が異なる旅程も利用できる。
 ただし、出発地と最終帰着地が同一エリア内かつ同一国内であること。
・往路到着地と復路出発地が異なる旅程も利用できる。
ただし、往路到着地と復路出発地が同一エリア内かつ同一国内であること。
・日本国内で乗り継ぎする場合、24時間を超える滞在はできない。

※同一国についての注意事項

アメリカ、カナダは同一の国または地域として扱います。
イギリス、フランス、ドイツ、フィンランドは同一の国または地域として扱います。
中国、香港、台湾は別の国または地域として扱います。

<片道での利用>

・出発地と最終帰着地が異なるエリアとなる旅程で、最大3区間まで利用できる。
・地上移動区間を含めることはできないが、乗り継ぎは同一都市でのみ可能。
・日本国内区間の利用は、1区間まで。
・日本国内で乗り継ぎする場合、24時間を超える滞在はできない。

<キャンセルの場合>

◇ 払戻手数料として1名様・1特典につき3,100円が必要。
支払いはクレジットカードでのみ。

JAL国際線特典航空券のまとめ

一番の特徴はJAL便が使えて、空港のチェックインから飛行機の中のサービスでは日本語で話ができることが大きな安心ポイントになりますね。機内・海外の空港でも安心です。

ただし、デメリットも多くあるように感じます。
このように見てみると、JALにこだわるのであれば、かなり大きな制限があると思います。
このようなことから、僕はJALにこだわらないでも良いかなと思いました。

もう少し海外に行くのであれば、行きたい国をこだわりたい。もっと多くの国に行ってみたい!僕はそう思いました。

そんなときに便利であるものが、次に紹介するJMB提携航空会社の特典航空券です。

 JBM提携航空会社を利用して、JBM提携航空会社特典航空券を取る場合

この場合も、JALのHPに行きましょう。

https://www.jal.co.jp/jmb/index03.html

https://www.jal.co.jp/jmb/index03.html

一番右側にある「提携特典航空券」をクリックします。

基本的には、JAL国際線特典航空券を取るときのルールと同じですが、こちらのほうがルールに縛りが少なくなります。また、航空会社を選べるほかに、行きたい国もいっきに増えます。

せっかくの休みを取っての旅行ですから、満足できる場所に行きたいものですよね。

・提携特典航空券を利用できる人

会員本人、会員の配偶者、会員の二親等以内の親族の方、義兄弟姉妹の配偶者。

・マイルを提携特典航空券に換える際の注意事項

家族のマイル、他航空会社のマイルは特典交換には使えない。
特典交換にはお子さまも大人と同じマイルが必要。
税金および手数料は、会員本人または特典利用者の負担。
特典への交換は会員本人が直接申し込むこと。

・提携特典航空券のクラスについて

全旅程とも同じクラスでの利用が前提。異なるクラスを利用の場合、特典交換には上位クラスのマイル数が必要。

・利用区間・途中降機について
1特典で、地上移動区間を除き、6区間まで利用できる。

・途中降機(24時間以上の一都市滞在ならびに地上移動区間)は、旅程全体で3回まで可能。

・1特典で、1つの都市は3回まで利用できるが、途中降機は1都市、1回まで。
旅程全体で1回、地上移動区間の設定が可能。
地上移動区間は、滞在時間にかかわらず1回の途中降機とみなす。
地上移動される場合の2地点間も、「総旅程距離(マイル)(*1)」に含まれます。
*1総旅程距離は、特典航空券の交換に必要なマイル数の計算に使用。

・旅程について

・片道でも利用できる。
・出発地と最終帰着地が異なる旅程や、出発地と最終帰着地が異なる国でも利用できる。
 ただし、片道旅程、または出発地と最終帰着地が異なる国となる旅程はJALホームページ
 での新規の予約はできない。
・出発地へ戻り、さらに出発地以外の都市へ行く旅程は組めません。
・出発国へ戻り、さらに第三国へ行く旅程は組めません。

例えば、東京ーニューヨークを行く場合を考えます。

国際線の出発地と目的地までにそれぞれ経由地を指定することができます。

途中降機の回数

提携航空会社特典航空券が途中降機の回数が2回から3回に増えました。

また、ワンワールド特典航空券でヨーロッパでの途中降機回数は、3回から最大7回まで増えました。

周遊の旅が途中降機できる回数が増えて、とても便利になりました。

提携特典航空券でのモデルプラン(アメリカ)

訪問都市:(1)ロサンゼルス→ (2)ニューヨーク→ (3)オーランド→ (4)シカゴ(乗継)

途中降機が3回できるようになって、3都市周遊が実現!
これは以前よりも多くなって、増えています。

https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/info_stopover/index.html?tco=PLAN01#tab-Box

アメリカン航空特典航空券利用

1 東京(成田)  
2 ロサンゼルス 途中降機が可能
3 ニューヨーク 途中降機が可能
4 オーランド 途中降機が可能
5 シカゴ (乗継)
6 東京(成田)  

搭乗クラス別必要マイル数

エコノミークラス 60,000マイル
ビジネスクラス 100,000マイル
ファーストクラス

155,000マイル

調べていくと、どんどん旅への夢が広がります。
あー、こんな場所にも行けるんだーって。

憧れのアメリカをめぐることができます。

JMB提携航空会社の特典航空券のまとめ

・JAL国際線よりも利用の幅が広がります。
・直行便に比べて現地での滞在時間は少なくなるものの同じビジネスクラスにたくさん
 乗れるというものは、かなり僕にとっては魅力的です。
・しかし、JMB提携航空会社の場合、1社のみの利用となります。
・どの航空会社かを決めれば、その航空会社の飛行機しか利用できません。

この点が、提携航空会社ではデメリットに感じます。

では、ワンワールド特典航空券の場合を見てみましょう。

ワンワールド特典航空券でのモデルプラン(ヨーロッパ)

訪問都市:(1)ヘルシンキ→ (2)ウィーン→ (3)パリ→ (4)ロンドン

ヨーロッパ内4回の途中降機ができるようになって、たっぷり周遊が実現!
旅程全体で7回まで途中降機ができるようになりました。
これは以前よりも多くなって、増えています。

https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/info_stopover/index.html?tco=PLAN01#tab-Box

ワンワールド特典航空券利用

1 東京(成田)
フィンエアー
2 ヘルシンキ 途中降機が可能
フィンエアー
3 ウィーン 途中降機が可能
ニキ航空
4 パリ 途中降機が可能
ブリティッシュ・エアウェイズ
5 ロンドン 途中降機が可能
ブリティッシュ・エアウェイズ
6 東京(成田)

   
搭乗クラス別必要マイル数

エコノミークラス 70,000マイル
ビジネスクラス 110,000マイル
ファーストクラス

160,000マイル

ワンワールドの特典航空券のまとめ

・ワンワールドの特典航空券は、JAL国際線特典航空券よりも利用の幅が広がります。
・さらにJMB提携航空会社の特典航空券よりも利用できる部分があります。
・ワンワールドアライアンスメンバーの場合、2社までの利用となります。
・どの航空会社かを決めれば、その航空会社の飛行機しか利用できません。
・直行便に比べて現地での滞在時間は少なくなるものの、ワンワールドアライアンスメンバー
 の違う飛行機を同じビジネスクラスにたくさん乗れるというものは、かなり僕にとっては
 魅力的です。

以上が特典航空券をどれで取るのかというものでした。

では、必要な場所によって変わるマイルはどのくらい必要になるのでしょうか?

・必要なマイル数は?

必要なマイル数は、2つに分かれています。
JAL国際線の特典航空券の場合は、「エリア制」となります。
JMB提携航空会社などは、「総移動マイル数」となります。

 ・エリア制

JAL国際線の特典航空券は、「エリア制」となります。
そのため、行きたい場所のエリアまでのものによって、マイル数が変わります。

実際にどのくらいのマイルがどこに行くために必要なのかを見てみましょう。

JALのHPに行きましょう

https://www.jal.co.jp/jalmile/use/jal/inter/miles2.html

〔2017年11月1日~2018年1月31日(ご搭乗日)限定〕 JAL国際線 特典航空券 必要マイル早見表(往復)

  • 通常マイルでは往復の2分の1のマイル数で片道でも利用できる
  • 子どもも引き換えに必要なマイル数は大人と同じ
  • 別途燃油特別付加運賃などがかかる

     

     

    日本発着の必要マイル数 往復  単位:マイル
    2017年8月22日現在の情報 JAlのHPを参照

     

    出発地・目的地
    エリア
    クラス 通常マイル 今だけ全便対象!
    期間限定ディスカウントマイル
    今だけ全便対象!
    期間限定JALカード割引
    曜日限定特典
    韓国
    プサン、ソウル
    エコノミークラス 15,000 12,000 11,000  
    ビジネスクラス 36,000 なし*3 なし*3  30,000
    ファーストクラス 60,000 なし なし  
    広州、上海、台北、
    大連、高雄、天津、
    北京、香港、マニラ
    エコノミークラス 20,000 17,000 16,000  
    プレエコクラス*2 30,000 25,000 24,000  
    ビジネスクラス 48,000 なし*3 なし*3  40,000
    ファーストクラス 72,000 なし なし  
    グアム エコノミークラス 20,000 18,000 17,000  
    ビジネスクラス 45,000 なし*3 なし*3  40,000
    ファーストクラス 72,000 なし なし  
    クアラルンプール、ジャカルタ、シンガポール、デリー、ハノイ、バンコク、ホーチミンシティ エコノミークラス 35,000 30,000 29,000  
    プレエコクラス*2 50,000 45,000 44,000  
    ビジネスクラス 80,000 なし*3 なし*3  60,000
    ファーストクラス 100,000 なし*3 なし*3 80,000 
    オセアニア
    シドニー、
    メルボルン
    エコノミークラス 40,000 35,000 34,000  
    プレエコクラス*2 50,000 45,000 44,000  
    ビジネスクラス 80,000 なし*3 なし*3 60,000 
    ファーストクラス 100,000 なし*3 なし*3 80,000 
    ロシア
    モスクワ
    エコノミークラス 40,000 30,000 29,000  
    プレエコクラス*2 50,000 40,000 39,000  
    ビジネスクラス 80,000 なし*3 なし*3  60,000
    ファーストクラス 100,000 なし なし  

    ヨーロッパ
    フランクフルト、
    ヘルシンキ、
    ロンドン、パリ

    エコノミークラス 55,000 45,000 44,000  
    プレエコクラス*2 70,000 60,000 59,000  
    ビジネスクラス 110,000 なし*3 なし*3  85,000
    ファーストクラス 160,000 なし*3 なし*3 120,000 
    ハワイ
    ホノルル、コナ
    エコノミークラス 40,000 37,000 36,000  
    プレエコクラス*2 60,000 55,000 54,000  
    ビジネスクラス 80,000 なし*3 なし*3  60,000
    ファーストクラス 100,000 なし なし  
    北米
    サンディエゴ、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス・フォートワース、ニューヨーク、バンクーバー、ロサンゼルス、ボストン
    エコノミークラス 50,000 40,000 39,000  
    プレエコクラス*2 65,000 60,000 59,000  
    ビジネスクラス 100,000 なし*3 なし*3  80,000
    ファーストクラス 140,000 なし*3 なし*3  110,000

  • 上表にマイル数の記載がある場合でも、路線や運航機材により設定のないクラスもあります。

 ・曜日限定特典については、JALのHPでご確認ください。

では、「エリア制」に比べて「総移動マイル数」はどのようなものなのでしょうか?

 ・総移動マイル数

JMB提携航空会社の特典航空券の場合は、「総移動マイル数」です。
そのために、JMB提携航空会社を利用してどこに行くのかの目的地によってマイル数を計算する必要があります。

目的地が決まっていても、乗り継ぎの場所を含めたものですので、総移動距離のマイルが変わるので、注意が必要です。

JALのHPで目的地や利用したい航空会社ごとに表がありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

簡単に、紹介したいと思います。
結構魅力のある旅程がありました。

東京ーロンドンーパリーロンドンー東京

ブリティッシュエアウェイズの場合

搭乗クラス別マイル数

エコノミー 55,000
プレエコ 70,000
ビジネスクラス 85,000
ファーストクラス 135,000

東京ーヘルシンキーミラノーローマーヘルシンキー東京

フィンエアーの場合

搭乗クラス別マイル数

エコノミー 55,000
ビジネスクラス 85,000

東京ードーハーアテネードーハー東京

カタール航空の場合

搭乗クラス別マイル数

エコノミークラス 55,000
ビジネスクラス 85,000
ファーストクラス 135,000

東京ードバイーミラノードバイー東京

エミレーツ航空

搭乗クラス別マイル数

エコノミークラス  60,000
ビジネスクラス 100,000
ファーストクラス 155,000

このようなモデルコースをみていると、ワクワクしますね。

意外にも、マイルがたまっている方はもう特典航空券の発行ができるのかもしれませんね!!

では、次には以下の通りに記事を書いて行きたいと思います。

ヨーロッパにJALマイルを使ってビジネスクラスの特典航空券をとろう!!

・行き先はどこ?各航空会社の特徴・空港ラウンジなども

・予約の方法はどうすればよいのか?

・予約の電話を入れる前に決めておくことは?

・エミレーツ航空スカイワーズマイルよりJALマイルのほうがお得なのか?

・以遠権とは何か?

・エミレーツ(EK)の空席確認の方法とは?

スポンサーリンク
広告




広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
広告




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です