2017年8月 東京マリオットホテル 朝食@ラウンジ&ダイニングG  その5(写真あり)

2017年8月、東京マリオットホテルに宿泊してきました。

ホテルの上級会員では、2名分のエグゼクティブラウンジアクセス、2名分の朝食の保障、部屋のアップグレード、レイトチェックアウトなどの特典があります。

東京マリオットホテルには、エグゼクティブラウンジがあり、エグゼクティブフロアの宿泊客やマリオットのプラチナ、ゴールドエリート会員が利用できます。

特に注目すべきものは、朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイム(イブニングスナック)、ハッピーアワーで食べ物と飲み物(アルコールを含む)を楽しむことができるようです。

前回までの記事は、以下のとおりです。

ホテルの到着からチェックインまでの流れを書きました。

2017年 東京マリオットホテルに宿泊 ゴールド会員でチェックイン

 

 

チェックインから客室のチェック、アメニティーなど

2017年8月 東京マリオットホテルに宿泊 ゴールド会員で部屋のアップグレードできたのか? その2(写真あり)

 

エグゼクティブラウンジ アフターヌーンティの時間 14:30-17:00

2017年8月 東京マリオットホテル エグゼクティブラウンジ アフターヌーンティー その3(写真あり)

エグゼクティブラウンジ イブニンブスナック・バーの時間 17:30-17:00(21:30)

2017年8月 東京マリオットホテル エグゼクティブラウンジ イブニングスナック・バー その4(写真あり)

今回の記事では、2017年8月 東京マリオットホテル 朝食@ラウンジ&ダイニングG  その5(写真あり)を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク






ラウンジの営業時間と各種のサービス

ラウンジの時間帯と各内容については、以下のとおりです。

エグゼクティブラウンジ 1F 06:00 – 24:00

チェックイン時の
部屋のアップグレード
部屋の様子
ラウンジアクセス
デイロングスナック クッキー・キャンディー・
フルーツ・ソフトドリンク
※グラブ&ゴー可能
06:00-24:00
アフターヌーンティー スコーン&サンドイッチ等 14:30-17:00
イブニングスナック オードブル・ホットミール・スイーツ等 17:30-19:30
イブニングバー アルコール飲料 17:30-21:30
朝食(ダイニングG)   ブレックファースト 06:30-10:00
朝食(ダイニングG)   アラカルト 06:30-11:00
周辺のマラソン・
ウオーキングコース
フィットネスサロン
オフィス棟1階(16歳以上)
プールエリア 07:00から営業
月~土曜日
日・祝
毎月最終金曜日
06:00-22:30
06:00-21:00
06:00-18:00

※ グラブ&ゴーというものは、ラウンジ内のものを部屋に持って戻れるというものです。

カバンの中に入れることは禁止です。手に持てるぶんだけであれば、部屋に持って帰ることができることを「グラブ&ゴー」と呼ぶようです。

デイロングスナックのところにグラブ&ゴーが可能と書かれています。
たぶん、「クッキー・キャンディー・フルーツ&ソフトドリンク」が持ち帰り可能です。

コーヒーメーカーの隣あたりには、紙コップが用意されており、コーヒーが持ち帰りできました。これは、とても便利でありがたいサービスです。
ペットボトルのお水、コーラなどを持ち帰っている外国の方も見かけました。

だから、きっと良いのだと思います。笑

また今後の記事にも書きますが、スペイン・ドバイ・韓国にマリオット系列のホテルに宿泊した時も「グラブ&ゴー」が可能でした。

朝ゆっくりの寝坊で8時に起床。

さて、朝食をいただきに参りましょう。

朝食会場 ラウンジ&ダイニングG

朝食(ダイニングG)   ブレックファースト 06:30-10:00

朝09:00ごろに会場に到着しました。
そしたら、朝食会場で列がありました。
5組ほどが僕らの前に並んでおり、10分くらい待ちました。

 

無事に朝食会場に入ることができました。
ここの朝食会場は、かなり広いのですが、それでも収容しきれない場合、エグゼクティブラウンジも開放をして食事を取ることになりました。

そのため、朝食をエグゼクティブラウンジで取ろうと思っても、テーブルのセットがきれいになされており、食事は置かれておりませんでした。

朝食の料金

アメリカンブレックファスト ¥3,150円
コンチネンタル朝食     ¥2,050円
ブッフェ朝食        ¥3,240円

4-12才            ¥1,600円

意外にホテルのご飯だから料金が高いですね。
しかし、今回はSPGアメックスでマリオットゴールド会員の威力があり
朝食券2名分があるために無料です。

360度カメラで撮ってみた朝食会場の様子

スマフォやタブレットでごらんの方、上下左右に動かしたりするとその場にいるような見え方をします。

PCの方は、写真をクリックしたまま動かすと回転したりします。
本当にその場にいるような感じがすると思います。

パンなどがある周辺の様子

うどんなどのコーナーの様子

うどんなどのコーナーの様子2

エッグステーション周辺

パンとサラダ、和食が置かれた周辺

パンとサラダ、和食が置かれた周辺2

朝食会場を確認(写真あり)

この朝食会場には、大きく分けて以下のように分かれています。

①エッグステーション
②ホットミールコーナー
③コールドミールコーナー
④ベーカリーコーナー
⑤ジュース・デザートステーション

本当に広いのです!!びっくりします!!

まずは、一番の目玉のエッグステーションという場所からチェックしましょう。

①エッグステーションと ②ホットミールコーナー

この2つは、同じ場所あたりにあります。

テーブルに番号の書かれた爪楊枝のようなものが置かれており、その串のようなものをこの注文する場所まで持って行き料理を注文します。

オーダーしてから料理をしますので、暖かいもの料理をテーブルまで持ってきてくれます。
目玉焼き、スクランブル、エッグベネディクト、ゆで卵、オムレツなどの卵料理を注文できます。

また、ワッフル、パンケーキ、フレンチトーストも注文できます。

オムレツをオーダーするときには、どの具をいれますか?と言われます。
どのホテルでもオムレツを作るときには聞かれますが、僕は全部入れてください。
そう伝えました。笑
嫌いなものなどあまりないからです。

この周辺には、キッシュなどもありました。
ラウンジに出てくるものと同じです。

ほうれん草とベーコンのキッシュ。
これは、とてもおいしかったです。
もー、本当にどれもおいしそうで、困ります。笑

マッシュルーム、ほうれん草、インゲン、トマト、ベーコン、ソーセージなどあります。
このあたりは、どこのほてるでもある感じですね。

春巻きなどもありました。
この黒いタイルに料理名が書かれており、とても分かりやすく、お洒落。
初めて見たので、びっくりしました。

温かい豆乳と右側には炊飯じゃー。

その下には、お皿がありました。

和食もあります。同じコーナーにうどんがありました。
うどんを15秒間熱湯で温めて、スープをいれるものがありました。

自分でゆでるのです。笑
いいですね!

めんも太い麺と細い麺がありました。

④ベーカリーコーナー

次の場所に移動しました。
パンなどがたくさんあるコーナーです。

トースターもあり、便利です。

デニッシュ系、マフィン、クロワッサンなどたくさんありました。
ラウンジにもあるものを見かけました。
木の箱に入れられているような配置もお洒落。

ドーナツなどもありました。

そして、いろんな種類のジャムなどありました。

ソル・レオオーネビオ
どうやら、これらのジャムはイタリアのオーガニックジャムのようです。
1瓶900円以上するものでした。

チーズやドライフルーツもありました。

クラッカーなどもありました。

パンを切って、焼くことも可能です。

③コールドミールコーナー

ここは、いろんなハムなどがありました。

ハムなどもいろんな種類があり、迷います。

それにしても、きれいにお洒落に盛り付けられていて、すごいです。

いろんな調味料などがありましたが、サラダにドレッシングがあります。

サラダはこんな感じです。

味噌汁とご飯です。隣を見てみますと、おかずがありました。

鮭、たらこ、卵焼きなどの和食です。

どれもおいしそうでしたが、僕は鮭が好きなので食べましたが、おいしかったです。

⑤ジュース・デザートステーション

さて、入り口付近にあるジュース・デザートを見てみましょう。

バケツに氷を入れて、ペットボトルでジュースが入っていました。

いろいろとありました。

右側から見てみると、オレンジジュースがギリギリ入っていますが、すごくおいしかったです。そして、イチゴのスムージも良い感じです。

ヨーグルトは、自分の好みで作れます。
マンゴー、ストロベリー、マスカット、すいかなどありました。

ぶどうなどもありました。すごい充実です。
ヨーグルトがお好きな方は、たまりませんね。

りんご、ばなな、シリアルもいろいろとありました。

こんなにたくさんの種類のものをあまり見たことがありません。

今回の朝食をチェック

一言で言えば、欲張りすぎました。笑 

かなり欲張ってしまいました。笑
ちなみに、妻と二人分でしたが、かなりお腹いっぱいになりました。笑

僕は和食がとても好き。
でも、洋食も好きです。

フレンチトースト

最高です。

そして、欲張って、うどんとお粥もちょっとずつ取りました。笑

パンとスクランブルエッグ

スクランブルエッグの量が多くありました。
たくさんの種類を食べたい方は、少しの量で十分です。
これだけでお腹いっぱいになってしまいます。
注意が必要です。

妻のチョイスを横から写真を撮りました。

一生懸命食べました。

お腹がぽんぽこりん☆笑

ヨーグルトも少しだけ食べました。

フルーツも!

ハワイのシェフを東京まで呼び寄せて、イベントがありました。

パンの販売

入り口には、パンの販売がありました。

朝食後に寄ってみましたので、お腹がいっぱいでほとんど関心が。。。

朝食後でしたので、チラミしかしていません。

朝食会場にあったのかもしれません。

飲み物とパン

どれもおいしそうでした。

クロワッサンも販売しておりました。
これ、朝食会場でも見たよ!?

ホールケーキも右下のものが、ラウンジでありました。

すごいですね。
ラウンジであったものと同じです。
料金が\1,400円もするとは!

まとめ

この朝食会場の特徴は、卵料理などをオーダー形式であることです。
マリオット系列にかぎらずインターコンチのラウンジなどもありましたが、
オムレツだけでなく、パンケーキなどを注文してから料理をすることが特徴です。

料理が温かいままテーブルに運ばれてきます。
これは、満足できる朝食となりますね。

人気があるものは、以下のもののようです。

・エッグベネディクト
・定番のオムレツ
・フレンチトースト
・クロワッサン
・スムージー(オレンジが僕のオススメです。)
・麺コーナーで作るフォー

このあたりを食べておくと、良いのかもしれません。
僕は、ワクワクしていて、食べる順番まで考えておりませんでした。笑

とりあえず、お腹いっぱいになりますので、
食べる順番と食べるものを事前にチェックしておくべきだったなーと反省しました。

寝る前に、朝食のイメトレをしておきましょう!笑

スポンサーリンク
広告




広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
広告




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です