JALサクララウンジに入室する方法とは?

 サクララウンジを利用するためには以下のような方法があります。

僕が思っていたよりも以外にたくさん方法があるものです。

まずは、サクララウンジに入る方法とは?を考察してみます。

そして、その中でもJMBクリスタルのメリットを考察するためにはどうすればよいのかを

記事にしていきたいと思います。

サクララウンジに入室する方法とは?

1.上級会員になる。もしくはダイヤモンド・サファイア・JALグローバル会員となる

2.ワンワールド会員になる(エメラルド・サファイアのステータス)

3.ほかの上級会員と一緒に入室する

4.ファーストクラスで搭乗する

5.ラウンジ使用料金(3,000円)を支払う

6.JAL CLUB ESTカードで年5回使えるサクララウンジクーポンを使う

7.ラウンジクーポンを使用する

8.ラウンジキャンペーンを利用する

9.裏ワザ

では、サクララウンジに入室する方法をそれぞれ見ていきます。

スポンサーリンク






1.上級会員になる。もしくはダイヤモンド・サファイア・JALグローバル会員となる

この記事は、JALグローバルクラブに入会することが最終的な目標となりますが、JMBサファイア以上のステータスを得ることが出来れば、上級会員になってサクララウンジに入室することができます。

JALグローバルクラブに入会すれば、本人だけでなく同行者も一人だけ無料で入室できます。

夫婦の場合などは、とても魅力的ですね。

これからJALグローバルクラブに入会するために、たくさん飛行機を乗るJAL修行をする方は、このラウンジの魅力をすごく感じておられると思います。僕もとても魅力を感じたので、気持ちがすごくわかります。まだサファイアに及ばずに、これから修行を行う人やちょうどJMBクリスタルのステータスの方もいるのかもしれませんが、あと少しの修行を頑張ってくださいね。

2.ワンワールド会員になる(エメラルド・サファイアのステータス)

ワンワールドというJALとは違う航空会社の上級会員になれば、サクララウンジに入室することができます。これは、JALグローバルクラブに入会することと同じように大変でハードルが高くあります。

3.ほかの上級会員と一緒に入室する

他の友達などのJALの上級会員と一緒にラウンジを利用させてもらう方法です。

サファイア以上のステータスを持っている人かJALグローバルクラブの人と一緒にサクララウンジに入室するのです。笑。もし、そのようなことがあればぜひ一緒に入りたいとお願いしてみましょう!!笑

4.ファーストクラスなどで搭乗する

ファーストクラスの搭乗チケットを持っている人は、サクララウンジに入室することができます。正確に言うと、対象運賃のクラスに搭乗する方法です。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミー通常運賃で予約クラスY(エコノミーでも普通運賃以上)を利用する時には、サクララウンジに入室することができます。ただ、当日のアップブレードは対象ではありません。また、エコノミーでも普通運賃以上なら利用可能ですが、あまり現実的ではありません。

5.ラウンジ使用料金(3,000円)を支払う

羽田空港の国内線にあるサクララウンジは、だれでも一人3,000円で利用できます。

ただし、現金のみで利用ができて、クレジットカードを使うことができません。

ラウンジ内では、ソフトドリンクやビールなどのアルコール類もあり、快適に過ごすことができます。

実際に行ってみると、かなり広いです。伊丹、那覇なども行きましたが、かなり広くて、綺麗で、おしゃれでした。

ただ、3,000円を払ってまで入室をしたいとは、個人的に思いません。

少し高く感じますので、ちょっとした優雅な時間を過ごしたいなどあれば、利用しても良いかなっって思います。

6.JAL CLUB ESTカード(20代限定)で年5回使えるサクララウンジクーポンを使う

JAL CLUB ESTカードを利用する。20歳代だけが申し込める「JAL CLUB EST」(JALクラブエストカード)はクレジットカードのことです。このカードは、JALが上級会員向けに提供するサクララウンジを年間5回利用できます。同伴者も1人まで無料で入室できるようです。

ただし、原則として20歳以上30歳未満で、日本に生活基盤があり日本国内での支払いが可能な方が対象となります。また、30歳になる誕生月の4カ月前の月末まで申し込みすることができるようです。

(例:9月が誕生月の方は5月末日まで可能)

注意点がいくつかあります。

これからJALグローバルクラブに入会するための修行を考えておられる方は、すでにご存知ではあるとは思いますが、JAL CLUB EST会員がJALグローバルクラブに入会する場合は、CLUB ESTの会員資格は自動的に退会となります。また、別のクレジットカードの作成をする必要があります。

僕個人的な感想は、JGCの修行目線からすると、20代である特典であり、サクララウンジに入りたい場合のみのときは便利かもしれませんが、JGC修行には向けません。

7.ラウンジクーポンを使用する

☆「JMBクリスタル」になれば、羽田空港国内線サクララウンジ専用ラウンジクーポン(10回分)をもらえる。

ちょっと色々と記事を書いていたら多くなったので、次回に書きますね!

8.ラウンジキャンペーンを利用する

☆ 2017年3回乗ったら翌月15日からラウンジキャンペーンとは何か?

これも、ちょっと色々と記事を書いていたら多くなったので、次回に書きますね!

9.裏ワザ

JALのサクララウンジに入室する方法ついては、裏技があることの話を聞いたことがあります。

ご興味がある方もいると思いますので、簡単に紹介します。

でも、僕は実際にこの方法をやったことがありませんが、

こんな方法があったんだーって思いました。笑

これから書く記事については、2つあります。

1つ目は、他の航空会社(スカイチーム)の上級会員になって、一部のJALのサクララウンジに入室する方法です。

2つ目は、ホテルでもやっているように航空会社のステータスマッチという方法です。ワンワールドサファイアのステイタスを得て、JALのサクララウンジに入室する方法です。

では、順番に見ていきましょう。

1つ目は、他の航空会社(スカイチーム)の上級会員になって、一部のJALのサクララウンジにはいる方法です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会

このゴールドカードを入手して、デルタ航空・スカイマイルの上級会員になる

デルタ航空の公式サイトからログインして、ゴールドメダリオンカードを印刷する

羽田、関空、名古屋、福岡から、スカイチーム加盟航空会社に搭乗する前にサクララウンジに入室

2つ目は、ホテルでもやっているように航空会社で上級会員のステータスマッチという方法です。

ワンワールドサファイアのステータスを得て、JALのサクララウンジに入室する方法です。ただし、ワンワールドサファイアの期間があるようで、デメリットもあるかもしれないのですが、裏技のようです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが郵送で到着

アメックスが届いてから、2−3週間後に、デルタのゴールドメダリオンカードが到着

エアベルリンのマイレージプログラムに入会

エア・ベルリンのメールアドレスに、ステイタスマッチをお願いする旨をメール

先方から、確認メールが来るので、返信

無事ゴールドステイタス開始

ワンワールドのサファイアステイタスをゲット(期間限定ですが)

注意としては、100%ステイタスマッチが認められるわけではなく、断られるケースがあります。

直近のフライト履歴も一緒に送れと言われることもあるようです。

あくまでも自己責任で行ってくださいね。

以前にはあったもうひとつの方法

ちなみに、以前にはもうひとつの方法があったようです。

アメックスプラチナ会員でキャセイパシフィック航空の上級会員になれるというものです。

アメックスプラチナカードは、キャセイパシフィック航空の上級会員になれるマルコポーロゴールドというものが付いていました。キャセイパシフィックはワンワールドの一つなので、ワンワールドサファイアが得ることができます。したがって、ワンワールドサファイアもつ上級会員になるため、JALのサクララウンジに入室できたのです。このアメックスプラチナカードを持つことで上級会員になれて、JALのサクララウンジに入室できるというすごいメリットがあったのです。

JALグローバルクラブに入会するための飛行機をたくさん乗るという修行をしなくても、上級会員になれたのです。しかし、2015年に終了。

ここまでがJALのサクララウンジに入室するための方法を記事にしました。

では、次回にJMBクリスタルのメリットを考察するためにはどうすればよいのかを

記事にしていきたいと思います。

7.ラウンジクーポンを使用する

☆「JMBクリスタル」になれば、羽田空港国内線サクララウンジ専用ラウンジクーポン(10回分)をもらえる。

8.ラウンジキャンペーンを利用する

☆ 2017年3回乗ったら翌月15日からラウンジキャンペーンとは何か?

この二つの方法を次の記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク
広告




広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
広告




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です